チューベローズの花言葉と由来

花言葉
  • 光風霽月(こうふうせいげつ)
  • 危険な関係
  • 危険な快楽

チューベローズは、メキシコ原産の球根植物に分類される花です。

野生種が発見されていないミステリアスな花ともいわれています。

一重咲きから八重咲きとあり、白やピンク色の花が15〜20輪と花をつけるのが特徴です。

チューベローズの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

チューベローズの花言葉

チューベローズの花言葉

チューベローズの花言葉は次の通りです。

  • 光風霽月(こうふうせいげつ)
  • 危険な関係
  • 危険な快楽
  • 冒険

チュベローズのエキゾチックな香りのイメージから、「危険な関係」などといった花言葉が生まれたのかもしれません。

チューベローズの花の由来

チューベローズの学名は、ギリシャ語で「白」を意味する「ポリオス」、「花」を意味する「アントス」からつくられた名前という由来があります。

チューベローズの特徴

チューベローズは、夜になると香りが強くなります。

とくに月夜には、朝まで濃厚で甘い香りがすることから「ゲッコウカ」との別名があります。

マレーシアやインドでは「夜の女王」との呼び名も。

花は縦に連なって、下から順に咲くのが特徴的です。

また一重咲きは、高級香水の原料としても使われます。

切り花用として出回っているチューベローズは、主に八重咲きです。

切り花用は、蕾が開きにくいので、すでに花が咲いているものを選ぶといいでしょう。

チューベローズのデータ

チューベローズのデータ
チューベローズ
学名Polianthes tuberasa
分類
(科/属名)
リュウゼツラン科ポリアンテス属
キジカクシ科チューベローズ属
原産地メキシコ
別名ゲッカコウ(月下香)、ポリアンサス
開花時期8〜9月
花色白、ピンク、黄色
花もち5〜7日程度
誕生花1月29日、6月16日
用途切り花、鉢植え、庭植え
香りジャスミンとバラの中間的な香り

チューベローズの栽培方法

チューベローズの中で主に栽培されているのが「ツベロサ」です。

まっすぐ伸びた茎の植えに乳白色の花をたくさんつけます。

チューベローズを球根から育てるには、なるべく大きな球根を選ぶようにしましょう。

あまり小さすぎると開花しないおそれがあります。

球根を植え付けたあと、日当たりのいいところで育てましょう。

チューベローズは乾燥を嫌うので、夏場は土を乾燥させないよう注意してください。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる