キンギョソウ(金魚草)の花言葉と由来

花言葉
  • 快活
  • おしゃべり
  • おせっかい

キンギョソウの花は、穂になってつき、細長い葉が茎につきます。

開花時期になると、花壇やプランターなどで栽培される人気のある花です。

キンギョソウの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

キンギョソウの花言葉

キンギョソウの花言葉

キンギョソウの花言葉は次の通りです。

  • 快活
  • おしゃべり
  • おせっかい
  • でしゃばり
  • 大胆不敵
  • 純粋な心

キンギョソウは、花が口の形に似ていることから「おしゃべり」などといった花言葉がつけられたそうです。

ドイツでは、独特の強い香りが魔除けになると信じられ、玄関などにキンギョソウを吊して、お守りにしたといわれています。

キンギョソウの花の由来

キンギョソウは、花の形が金魚に似ていることから由来されています。

また英語では花の形を龍の口に見立てて「スナップドラゴン」(かみつく龍)とも呼ばれています。

キンギョソウの特徴

キンギョソウは、金魚のように膨らんだ独特な形の花を咲かせるのが特徴です。

春になると花壇を鮮やかに彩るので人気があります。

品種改良により、四季に関係なく咲くものも園芸店で並ぶようになり、こちらも人気です。

金魚の形をした花以外にも、花筒の先が5弁花のようにみえるペンステモン咲きや、八重咲きなどもあります。

キンギョソウのデータ

キンギョソウのデータ
キンギョソウ
学名Antirrhinum majus
分類
(科/属名)
ゴマノハグサ科キンギョソウ属
原産地南ヨーロッパ、北アフリカ
別名スナップドラゴン
開花時期5〜7月、9〜10月
花色白、ピンク、オレンジ、赤、黄色など
花もち1週間程度
誕生花2月19日、3月18日7月2日
用途切り花、鉢植え、花壇
香り甘い香り

キンギョソウの栽培方法

キンギョソウは、日光が好きなので日の当たる場所で栽培をします。

寒さに少し弱いので秋から冬にかけては、霜が付かないよう室内の窓辺などに置くといいでしょう。

花が咲き終わったら、茎ごと切ります。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる