素敵な暮らしをあなたに。

暮らしUP

1人用無料将棋ゲームや本格将棋を解説

更新日:

将棋ゲームの特徴とタイプ別一覧

ここでは初心者向けの将棋ゲームや1人でもできるゲームなど、一覧にしてまとめてあります。

基本的にこちらで紹介している将棋ゲームで無料で遊ぶことができます。

自分に適してレベルのものを見つけて楽しんでくださいね。


【初級者向け】1人用のオススメ将棋無料ゲーム

まずは1人からできる将棋ゲームを紹介します。

こまお

「こまお」は、ブラウザ上で遊べる1人用の無料ゲームです。

手合いは次の6つから選べます。

  • 平手
  • 2枚落ち
  • 4枚落ち
  • 6枚落ち
  • 8枚落ち
  • 10枚落ち

将棋覚えたての人は、10枚落ちから始めて、徐々にステップアップすると攻略しやすいです。

シンプルですぐに将棋をしたい人にオススメ。

ハム将棋

「ハム将棋」は、将棋無料ゲームでも定番の部類に入ります。

難易度もこまおよりも選択肢が多く、初心者が上級者まで遊ぶことが可能です。

こまおで物足りなくなったら人にオススメ。

将棋Flash

「将棋Flash」は、おじさん棋士が対戦相手となり、将棋をするゲームです。

こちらのゲームはレベル制となっており、まずは「レベル3」からスタートします。

おじさん棋士に勝つことでレベルが上がり、最高が「レベル9」です。

駒が動ける方向も表示されるので、初心者でも楽しむことができます。

きのあ将棋

「きのあ将棋」は、対局相手(コンピューター)を選択して、将棋をするゲームです。

対局相手はキャラクター化されており、それぞれ棋風が設定してあります。

そのため、自分が苦手な戦略など繰り返し戦って克服することも可能です。

初級~上級まであるので、将棋の戦い方を覚えるのに最適なゲームといえるでしょう。



【中級~上級者向け】オススメの本格将棋無料ゲーム

次からは、ある程度将棋の経験がある中級者向けのゲームを紹介します。

将皇

「将皇」は、オンライン上で無料で遊べる本格将棋ゲームです。

将皇はブラウザ版の他に、アプリ版もあります。

将皇では、コンピュータ対決や実戦詰将棋、勝ち切れ将棋の3つのモードがあり、ひたすら将棋を遊び続けることができます。

レベルも選択できるので、初心者から上級者まで楽しめるゲームです。

将棋ウォーズ

「将棋ウォーズ」は、日本将棋連盟が公認しているオンライン将棋ゲームです。

初心者から上級者まで適切な対戦相手が見つかるので、同じ実力者同士で遊ぶことができます。

アプリ版、PC版、ブラウザ版の3タイプがあるので自分がやりやすいデバイスで遊ぶことが可能です。

無料版では1日3局まで世界中の人と対戦することができます。

(友達同士で対局する場合はカウントされません)

1日3局以上やりたい場合は、有料会員になることで無制限で遊ぶことが可能です。

将棋ゲームで棋力は上がるの?

将棋ゲームや将棋ソフトで、将棋を繰り返し指すことでも棋力は向上します。

ただし、ただ単純に将棋を指すのではなく、自分の得意な形からスタートして、コンピューターがどう指すか研究する。

また負けた場合もどうして負けたのか原因を分析しながら指す必要があります。

インターネット上で対戦する場合も、自分と同等がそれ以上の相手と指すことで、実際の人と指す経験を積むことが可能です。

欠点としてあげるとしたら、実際の将棋は礼儀作法も重要となってきます。

開始の「お願いします」や負けたときの「負けました」。

そして感想戦の「ありがとうございました」など、挨拶や負けましたと言える精神的な強さを身につけることは難しいでしょう。

プロ棋士として目指すなら、ソフトは研究・独学用として活用して、なるべる将棋は実践するほうがいいかもしれませんね。

そのあたりは、自分が一番やりやすい方法を見つけることが大切です。



将棋の戦法って何?

将棋の戦法とは、攻め方だけを指すものではありません。「穴熊」や「金矢倉」など堅い囲いで自陣の王将を守るのも戦法に入ります。

そうした守りの戦法を崩す攻めの戦法もあり、どの棋士がどんな戦法を得意としているか、奇襲戦法に対してどんな守りをするかなど、将棋の戦法を覚えると観戦も実際に指す時も一段と面白くなります。

将棋の歴史は古く、日本では平安時代に既に将棋の駒が存在していました。将棋の駒があった、という事は、平安の時代から人びとは将棋を楽しみ、戦法を工夫していたのでしょう。

将棋が歴史資料に残っているのは、平安時代後期に藤原明衝が著した「新猿楽記」です。

当時の大衆芸能について書かれたもので、将棋の他、囲碁、双六(すごろく)も庶民の楽しみとされていたそうです。

戦国時代から江戸時代になると、棋士という身分が確立され江戸幕府から俸禄(現代の給料にあたる)を受ける世襲制の名人が登場します。

こうした名人たちが将棋の戦法を研究し、21世紀の現代にまで繫がる将棋の歴史があるのです。

最近では、棋士の戦績や将棋の棋譜をデータベース化した「将棋棋士成績DB」まであり、棋士・戦法別の勝率まで見る事ができます。

将棋の戦法を研究したい初心者の方にはうってつけのサイトです。

初心者にオススメの将棋戦法による攻め方

数多くの戦法がある中で、初心者にオススメの将棋戦法による攻め方をご紹介します。

将棋の駒は、ご存知の通り、王将(一方は玉将)、飛車、角、金、銀、桂馬、香車、歩兵の8種類。駒の数は歩兵9枚、金と銀が各2枚で合計20枚ずつです。

この駒をいかに有効に使って相手の王将を詰めるかが戦法の醍醐味です。

8種類の駒のうち、飛車は縦横に大きく動ける駒ですから、攻め駒として飛車を使う事が初心者にはオススメの将棋戦法となります。

「居飛車」は飛車が初形のまま(右位置のまま)駒組みを進める戦法です。現在竜王の座にいる羽生善治さんも「居飛車」を得意としています。

「振り飛車」は、逆に早い段階で飛車を左方向に動かす戦法です。女流王座・女流名人・女流王将のタイトル保持者・里見香奈さんが「振り飛車」の使い手でもあります。

「振り飛車」で飛車を左へ振ったら、王将は逆方向(右)へ移動させるのが定石とされています。

攻め駒である飛車は相手から見れば攻撃対象になり、自分の飛車の近くに王将を置いたままなら相手からの攻撃に王将をさらす事になります。

攻めの戦法と守りの戦法は表裏一体なのです。

守りの戦法として、初心者にオススメなのは「矢倉」があります。

矢倉は主に先述の居飛車同士の戦いで使われる事が多い有名な戦法で、相手の飛車による上からの攻めに強い反面、横からの攻めに弱いという特徴があります。

「矢倉」は王将の近くに金、角を置き、銀を前に出して桂馬と二重の防御線を張ります。

角道と呼ばれる角の移動先を確保する事も「矢倉」の手順のひとつです。

ただ、守りの戦法である矢倉囲いを完成させるには一定の手数(最低十二手とも言われる)が必要で守りの矢倉囲いを作りながら、相手への攻撃も忘れずにして下さい。

もうひとつ、守りの戦法として初心者が覚えておきたいものに「左美濃囲い」があります。振り飛車で攻められた場合に対応しています。

横からの攻撃に強く、相手が振り飛車で攻めた時に有効です。

ただし、比較的上部の防御が薄いため相手が居飛車で攻めている場合は避けた方が良いかも知れません。

最強と呼ばれる将棋戦法とは

将棋の戦法は、攻めの戦法だけでも三十種類以上、囲いの戦法も四十種類以上あり初心者が全て覚えて実戦で使いこなすのは難しいでしょう。

しかし、初心者でも使える将棋戦法のうち最強クラスの戦法をいくつかご紹介しましょう。

「パックマン戦法」

古式ゆかしい将棋らしからぬネーミングですが、アマチュア戦でよく使われる戦法です。

ゲームのパックマンのようにパクっと歩を取るところから名付けられました。後手が餌を撒くように歩兵を進め、先手が構わず角などで歩兵を取りにいきます。その後は乱戦になり、激しく盤上で戦いが繰り広げられる派手な戦法です。

後手の歩兵がパックマン戦法の出だしになります。先手がこの挑発に乗ると、後手は飛車を展開させ乱戦が始まるのです。

「アヒル囲い」

これもユニークな名前です。日本将棋連盟公認の将棋ゲーム「将棋ウォーズ」でこの戦法をとるとあひるのキャラクターが登場するらしいですが、それはネーミングとは関係ありません。

奇襲戦法でもある「アヒル囲い」の特徴は、金、銀、それに王将の位置関係です。

金と銀で王将を囲うのですが、王将の左右に銀を置きます。その銀の斜め下に金を置くと、まるでアヒルの黄色い両足のように金が見える事から「アヒル囲い」の名前の由来とされています。

「アヒル囲い」は飛車や角といったいわゆる大駒の交換が狙える特徴があります。

持ち駒として飛車、角の大駒があると対局中でも気持ちに余裕が生まれます。

気持ちの余裕こそ、将棋で最強の武器かも知れません。

Copyright© 暮らしUP , 2019 All Rights Reserved.