サザンカ(山茶花)の花言葉と由来

花言葉
  • 理想の恋
  • 困難に打ち勝つ
  • 愛嬌
  • 理性

サザンカは、ツバキ科の一種です。

日本の固有種であり、野生種の場合10〜12月に開花します。

サザンカの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

サザンカの花言葉

サザンカの花言葉

サザンカの花言葉は次の通りです。

  • 理想の恋
  • ひたむきさ
  • ひたむきな愛
  • 困難に打ち勝つ
  • 愛嬌
  • 愛敬
  • 理性
  • 謙譲
  • 謙虚

サザンカは、真冬の冷たい風でも、その厳しさに負けず花を咲かせます。

その姿から「ひたむきな愛」や「困難に打ち勝つ」などの花言葉がつけられたとされています。

サザンカの花の由来

サザンカは和名であり、中国語でツバキ類を指す山茶花(サンサカ)が由来とされています。

しかし日本での誤記により茶山花(ササンカ)と伝わってしまい、これがなまってサザンカと呼ばれるようになったといわれています。

サザンカの特徴

サザンカは、庭や公園などによく植えられている花木です。

秋が深まる10月頃から花が咲き始めて、寒い季節でも色鮮やか彩ってくれます。

サザンカの品種には、国内で自生する野生種のサザンカから改良されたものから、「ヤブツバキ」とサザンカの雑種である「ハルサザンカ」などがあります。

ツバキと似ていますが、その違いは開花時期や雄しべが筒状にならないことなどで見分けることができます。

サザンカのデータ

サザンカのデータ
サザンカ
学名Camellia sasanqua
分類
(科/属名)
ツバキ科ツバキ属
原産地日本
別名イワハナビ(岩花火)、ヒメツバキ(姫椿)、ヤブサザンカ(藪山茶花)
開花時期10〜12月
花色ピンク、赤、白
花もち5〜7日程度
誕生花
用途庭植え
香り甘い香り

サザンカの栽培方法

サザンカは、日なたと水はけのよい土を好みます。

樹勢が強くので、半日陰でも十分に育つので初心者でも扱いやすいといえるでしょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる