センリョウの花言葉と由来

花言葉
  • 利益
  • 恵まれた才能

センリョウは、お正月の花飾りに使われる実で有名です。

花の少ない冬の時期に赤い実をつける縁起物として重宝されています。

センリョウには赤い実の他に黄色い実をつけるものも存在。

センリョウの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

センリョウの花言葉

センリョウの花言葉

センリョウの花言葉は次の通りです。

  • 利益
  • 恵まれた才能
  • 富貴

センリョウは、赤い実の美しさが百金にもまさるともいわれたことから、花言葉もそれにふさわしいものがついています。

センリョウの花の由来

センリョウは、江戸時代までセンリョウカ(仙寥花)と呼ばれていました。

しかし同じように赤い実をつける「マンリョウ(万両)」よりも実が少ないことから「センリョウ(千両)」になったと由来されています。

センリョウの特徴

センリョウは、「マンリョウ」と呼ばれる花に似ています。

マンリョウは、葉の下に赤い実をつけますが、センリョウは葉の上にマンリョウよりも小さい実をつけるのが特徴です。

また正月の縁起物として、切り花にも利用されます。

センリョウのデータ

センリョウのデータ
センリョウ
学名Sarcandra glabra
分類
(科/属名)
センリョウ科センリョウ属
原産地日本、朝鮮半島南部、台湾、中国、インド、マレーシア、東アジアの暖帯から熱帯
別名センリョウカ(仙寥花)、クササンゴ(草珊瑚)、センレイソウ(仙霊草)
開花時期7〜9月(花)、12〜1月(実)
花色
花もち1ヶ月程度
誕生花1月3日、1月11日、12月17日、12月28日
用途切り花、庭植え
香り無香

センリョウの栽培方法

センリョウは、半日陰と保水性のある用土を好みます。

西日を避けて水はけのよい用土に植えるようにしましょう。

手入れは、不要な枝を剪定する程度でよく、あとは自然と樹形が整います。

萌芽力もあるため初心者でも育てやすいです。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる