サルビアの花言葉と由来

花言葉
  • 燃ゆる思い
  • 知恵
  • 尊重

サルビアは、燃えるように鮮やかな赤い花を咲かせます。

秋の時期に入ると、花壇から赤い花を咲かせるサルビアが印象強く、メインフラワーとして飾っているところも多いです。

またサルビアは、長く楽しめる花なので、初心者向けでもあります。

サルビアの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

サルビアの花言葉

サルビアの花言葉

サルビアの花言葉は次の通りです。

  • 燃ゆる思い
  • 知恵
  • 尊重
  • 尊敬
  • 家族愛

サルビアは、セージと同じ仲間になることから英名は「sage」で「賢人」という意味です。

サルビアの花言葉である「尊敬」や「家族愛」などは、この英名にちなんでいるといわれています。

中世ヨーロッパでは、寿命を延ばしたり、悲しさを和らげてくれる力があると信じられてきた花です。

サルビアの花の由来

サルビアは、薬効があることから、ラテン語で「健康」という意味からきたと由来されています。

サルビアの特徴

サルビアの仲間は、世界各地に約500種以上自生しています。

筒状のがくから、細長い花冠が横向きに突き出す姿が特徴のサルビア。

単純にサルビアといえば「サルビア・スプレンデンス」を指します。代表的な色は燃えるような赤い花ですが、その他にもピンクや白など豊富な花色が揃っています。

とくに青や白色の涼しげな花をつける「サルビア・ファリナセア」は、英名である「ブルーサルビア」として出回り、人気のある品種です。

またハーブで馴染みのある「セージ」もサルビアの仲間です。

サルビアのデータ

サルビアのデータ
サルビア
学名Salvia splendens
分類
(科/属名)
シソ科サルビア属
原産地ブラジル、アメリカ
別名セージ、ヒゴロモソウ、スカーレットセージ
開花時期7〜10月
花色赤、ピンク、紫、青、白など
花もち5〜10日程度
誕生花
用途切り花、鉢植え、花壇
香り甘くさわやかな香り

サルビアの栽培方法

サルビアは、品種によって栽培方法が異なります。

一般的なサルビアであれば、日光を好むので、日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。

表面の土が乾いたらたっぷりと水やりをしてください。

花が咲き終わったら、花穂を切り取ると、わき芽が伸びて次々と花が咲きます。

冬を越させる場合は、耐寒性の高い多年草の品種であれば、そのままでも大丈夫です。

一方で一年草扱いのサルビア品種は、一旦室内に取り込んで5度以上キープできる場所に置いておくことで、冬越しが可能となります。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる