オオデマリの花言葉と由来

花言葉
  • 約束
  • 私は誓います
  • 華やかな恋

オオデマリは、初夏に真っ白なボール状の花を咲かせる落葉低木です。

花の色は白のほかに、ピンクがあります。

枝もたわむほど、たわわについた姿が雪玉のように見えることから英名で「Snowball」と呼ばれることも。

オオデマリの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

オオデマリの花言葉

オオデマリの花言葉

オオデマリの花言葉は次の通りです。

  • 約束
  • 私は誓います
  • 華やかな恋
  • 明眸皓歯

オオデマリの花言葉である「私は誓います」や「約束」などは、真っ白な花が永遠の愛を誓う花嫁の姿をイメージして付けられたともいわれています。

またオオデマリの花の美しさと豪華な姿から「華やかな恋」という花言葉もあります。

オオデマリの花の由来

オオデマリという名前は、花の集まりを手まりになぞらえたものだといわれています。

別名で「テマリバナ」と呼ばれることも。

オオデマリの特徴

オオデマリの花は、咲き始めは淡い黄色がかった緑色をしていますが、少しずつ白さを増していき、最終的には清々しい純白の色に変わっていきます。

また筒状の花の先は5つに分かれており、大きさが不揃いなのが特徴的です。

オオデマリには雄しべや雌しべが退化しているため、実を結ぶことができません。

そのため、挿し木や株分けで殖やしていくため、各地にあるオオデマリはみんな1つの株から分かれたものとなります。

オオデマリのデータ

オオデマリのデータ
オオデマリ
学名Viburnum plicatum var. plicatum Viburnum
分類
(科/属名)
レンプクソウ科ガマズミ属
原産地日本、中国
別名大手毬、ジャパニーズスノーボール、テマリバナ、ビバーナム
開花時期5〜6月
花色白、ピンク
花もち5日程度
誕生花3月6日、4月24日、5月28日
用途切り花、庭木
香り

オオデマリの栽培方法

オオデマリは2〜4月頃に、やや湿度がある場所に植えるようにしましょう。

剪定のタイミングは、花後に古い枝を間引き更新させてください。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる