ネリネの花言葉と由来

花言葉
  • また会う日を楽しみに
  • 芯が強い人
  • 箱入り娘
  • 華やかさ

ネリネの姿と形が「ヒガンバナ」によく似ていることから、日本ではあまり人気がありませんでした。

しかし欧米では育種が盛んに行われており、花弁がキラキラと輝くことから別名「ダイヤモンドリリー」という名前で親しまれています。

日本でも切り花や鉢植えなどで、少しずつ人気が出てきています。

ネリネの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

ネリネの花言葉

ネリネの花言葉

ネリネの花言葉は次の通りです。

  • また会う日を楽しみに
  • 芯が強い人
  • 箱入り娘
  • 華やかさ
  • 忍耐

ネリネは、ギリシャ神話の水の精「ネーレーイス」からつけられています。

花言葉である「箱入り娘」は、ネーレーイスが海底で歌ったり踊ったり糸を紡いだりと、箱入り娘のような暮らしをしていたことからつけられたそうです。

ネリネの花の由来

ネリネは、ギリシャ神話の美しい水の妖精「ネーレーイス」の名前が由来とされています。

ネリネの特徴

ネリネは、太い花茎の先にピンクや赤、白色など光沢のある花を咲かせます。

日が当たると花弁がキラキラと輝く美しい品種もあります。

ネリネの品種は、約30種類ほどあります。

その中でも多くで回っている品種が「ネリネ・ポーデニー」とその改良種です。

ネリネのデータ

ネリネのデータ
ネリネ
学名Nerine
分類
(科/属名)
ヒガンバナ科ネリネ属
原産地南アフリカ
別名ダイヤモンドリリー、ヒメヒガンバナ(姫彼岸花)
開花時期9〜12月
花色赤、ピンク、濃いピンク、青、紫、白、黄色
花もち5〜7日程度
誕生花10月13日、11月25日
用途切り花、鉢植え、庭植え
香り無香

ネリネの栽培方法

ネリネは、秋植えの球根植物です。

有機物を含まない土壌で浅植えにしてください。

鉢植えの場合は、終日、日の当たる場所に置き、冬は霜と寒風が当たらない場所におきます。

初夏に葉が黄色くなったら水やりをやめて、鉢のまま乾燥させましょう。

また肥料をほとんど与えなくても立派に育つので初心者向けです。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる