マーガレットの花言葉と由来

花言葉
  • 恋占い
  • 真実の愛
  • 信頼

マーガレットは古くから恋占いに使われてきた花です。

白色やピンクなどさまざまな色の花を咲かせる花として人気があります。

マーガレットの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

マーガレットの花言葉

マーガレットの花言葉

マーガレットの花言葉は次の通りです。

  • 恋占い
  • 真実の愛
  • 信頼
  • 心に秘めた愛
  • 美しい容姿

マーガレットは、花びらの数が一定ではないことから、ヨーロッパでは花びらの数で恋の行方を占う「恋占い」の花として親しまれてきた花です。

またギリシャ神話で誕生の守護神とされる月の女神「アルテミス」に捧げられた花といわれており、「誠実」「貞節」「慈悲」「安らぎ」といった花言葉がつけられました。

マーガレットの花の由来

マーガレットは、花の色からギリシャ語で「銀色・花」から由来されています。

マーガレットの特徴

マーガレットは、茎や枝が木のように堅くなり、枝分かれして伸びるのが特徴です。

葉は細かく切れ込んでおり、白い花で真ん中が黄色いものが一般的に知られているマーガーレットです。

最近では品種改良により、筒状花が盛り上がる「丁子咲き」などさまざまな品種が出回っています。

マーガレットのデータ

マーガレットのデータ
マーガレット
学名Argyranthemum frutescens
分類
(科/属名)
キク科アルギランテマム属
原産地カナリヤ諸島
別名キダチカミツレ(木立加密列)、モクシュンギク(木春菊)、シャスターテージー
開花時期11〜5月
花色白、ピンク、黄色、オレンジなど
花もち7日程度
誕生花2月1日、2月20日、9月3日、11月22日
用途切り花、鉢植え、花壇
香り

マーガレットの栽培方法

マーガレットは、日光を好む花です。

日当たりと風通りのよい場所で栽培するようにしましょう。

花がらはこまめに摘み、すべての花が咲き終わったら3分の1程度切り戻します。

切り戻したあとは涼しい半日陰に置いて栽培してください。

寒冷地に住んでいる場合は、冬は室内に取り込んでください。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる