スズラン(鈴蘭)の花言葉と由来

花言葉
  • 幸せが戻ってくる
  • 繊細
  • あふれ出る美しさ

日本で一番多く栽培されているスズランは、ヨーロッパ原産の「ドイツスズラン」です。

日本原産のものと比較して、花姿や花も大型で美しい花となります。

スズランの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

スズランの花言葉

スズランの花言葉

スズランの花言葉は次の通りです。

  • 幸せが戻ってくる
  • 繊細
  • あふれ出る美しさ
  • 希望
  • 幸福の再来
  • 純愛

スズランは、希望の春の訪れとともに咲く純粋な姿の花とされています。

そのため、ヨーロッパでは聖母マリアの象徴とされ、そのイメージにふさわしい花言葉がつけられています。

スズランの花の由来

スズランは、鈴のように花をつけるため名付けられたとされています。

スズランの特徴

スズランは、縦にすじが入った大きな2枚の葉の間から伸びた花茎に、小さな鈴のような花がいくつもぶら下がって咲くのが特徴的です。

日本でよく見かけるスズランは主に「ドイツスズラン」で、花は白のほかにピンク色などもあります。

また八重咲きや葉に斑が入る品種も出回っています。

スズランのデータ

スズランのデータ
スズラン
学名Convallaria majalis
分類
(科/属名)
キジカクシ科スズラン属
原産地ヨーロッパ、アジア、アメリカ、日本
別名キミカゲソウ(君影草)、タニマノヒメユリ(谷間の姫百合)
開花時期4〜5月
花色
花もち3〜5日程度
誕生花5月1日、5月5日
用途切り花、鉢植え、花壇
香り甘い香り

スズランの栽培方法

スズランは、強い光を嫌うので風通しのよい、半日陰に置き乾燥させないように水やりをしましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる