素敵な暮らしをあなたに。

暮らしUP

香典袋の金額の書き方を徹底解説

更新日:

香典について

お通夜や告別式など急に参加することが多いので、マナーについて不安になることが多いですよね?

ここでは香典について基本的なマナーについて解説していきます。


香典の相場

香典にいくら包めばいいのか。

マナーとして非常に気になるのが「香典の相場」です。

お通夜や告別式に参列する際の香典ですが、その金額は相手との関係性や自分の立場によって変化します。

大体の相場の目安としては、故人が友人や知人の場合で少なくとも5,000円程度は用意したほうがいいという見方もあります。

また、会社関係の上司(元上司)、学生時代の恩師など関係性は様々で、自分の立場と相関関係で考えられていました。

故人との関係別・香典を供える年代別にまとめてみました。

参考にして下さい。

祖父母・配偶者の祖父母

20代 10,000円

30代 10,000~30,000円

40代 30,000~50,000円

父母・配偶者の父母

20代 30,000~100,000円

30代 50,000~100,000円

40代 100,000円

兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹

20代 30,000~50,000円

30代 30,000~50,000円

40代 100,000円

おじ・おば

20代 10,000円

30代 10,000~30,000円

40代 10,000~30,000円

その他の親戚

20代 3,000~10,000円

30代 3,000~20,000円

40代 5,000~30,000円

友人・知人

20代 5,000円

30代 5,000~10,000円

40代 5,000~10,000円

友人・知人の父母

20代 3,000~5,000円

30代 3,000~10,000円

40代 3,000~10,000円

会社関係の上司

20代 5,000円

30代 5,000~10,000円

40代 5,000~20,000円

勤務先の社員

20代 5,000円

30代 5,000~10,000円

40代 10,000円~

先生(教師・恩師)

20代 3,000~5,000円

30代 3,000~10,000円

40代 3,000~10,000円

(教え子同士の連名で出し合うケースもあります)

子どもの先生(習い事など)など

年代に関わらず、5,000円程度

隣近所(交流がある場合に限ります。不祝儀だけに顔を出すのはマナー違反です)

20代 3,000~5,000円

30代 3,000~10,000円

40代 3,000~10,000円

仲人

20代 10,000円

30代 10,000円

40代 10,000円~



香典の書き方

葬儀の形式、宗教の種類によって香典の書き方は異なります。

故人の宗派が不明な場合には、「御香典(御香奠)」と宗教・宗派に無関係の言葉を書けばマナーとして問題ありません。

香典には薄墨を使うのがマナーです。

市販の不祝儀袋に、薄墨で下段に会葬者(参列者)のフルネームを書きます。

香典袋には水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを選んで下さい。

香典のお金の入れ方

香典のお金の入れ方にも、いくつか決まり事があります。

  • 新札は入れない。

    (不幸に備えていたようにとらえられる)
  • お札の向きを揃える。

    (二枚以上のお札を入れる場合、表裏を揃えていれます。揃えてあえば表裏の向きにこだわる必要はありません)
  • お金を中袋に入れたら、外包みで包む。

    (市販の不祝儀袋にも、中袋と外包みがセットになっています)

香典はお通夜か告別式のどちらか一方に持参します。お通夜と告別式の両方に参列する場合は、お通夜の際に持参すれば告別式で供えなくても構いません。

ただし、地域の習慣もありますから、注意が必要です。

Copyright© 暮らしUP , 2019 All Rights Reserved.