キバナコスモス(黄花秋桜)の花言葉と由来

花言葉
  • 野生美
  • 幼い恋心
  • 自然美

キバナコスモスは、コスモスの仲間です。しかし、黄色い花を咲かせるので一般的なコスモスと異なる印象があります。

性質が強いので、広い場所など景観づくりとしてよく利用されています。

キバナコスモスの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

キバナコスモスの花言葉

キバナコスモスの花言葉

キバナコスモスの花言葉は次の通りです。

  • 野生美
  • 幼い恋心
  • 自然美
  • 野性的な美しさ

キバナコスモスは、一度根付くとこぼれ種で次々と増え、花期も長く、夏から秋遅くまで咲き続けます。

花言葉である「野生美」や「野性的な美しさ」、「自然美」は、そんな野趣あふれる花の性質からつけられたとされています。

キバナコスモスの花の由来

キバナコスモスは、名前の通り黄色系の花をコスモスということで名付けられたとされています。

キバナコスモスの特徴

キバナコスモスは、一重咲き、八重咲き、絞り咲き、アネモネ咲きとさまざまな咲き方があるのが特徴です。

夏から晩秋まで咲き続け、一度根付くとこぼれた種で増えるほど繁殖力が強い花。

また夕日に輝くのは、オレンジ色の色素が紫外線に反応するためといわれています。

コスモスと同じメキシコ原産ですが、大正時代に渡来し、すっかり気候風土に馴染むようになりました。

キバナコスモスのデータ

キバナコスモスのデータ
キバナコスモス
学名Cosmos sulphureus
分類
(科/属名)
キク科コスモス属
原産地メキシコ
別名キバナアキザクラ(黄花秋桜)、イエローコスモス
開花時期6〜10月
花色黄色、オレンジ
花もち5〜10日程度
誕生花5月18日、8月12日、10月2日、10月13日
用途切り花、花壇
香り無香

キバナコスモスの栽培方法

キバナコスモスは、4〜6月に種子をまいて、約2ヶ月で花を楽しむことができます。

寒さに弱い品種なので、冬になると枯れてしまいます。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる