シュウメイギクの花言葉と由来

花言葉
  • 薄れゆく愛
  • 耐え忍ぶ愛
  • 多感なとき

シュウメイギクが、秋の風情を感じさせてくれる優雅な花です。

名前に「キク」がついていますが、キクの仲間ではなく、アネモネなどといったキンボウゲの仲間になります。

シュウメイギクの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

シュウメイギクの花言葉

シュウメイギクの花言葉

シュウメイギクの花言葉は次の通りです。

  • 薄れゆく愛
  • 耐え忍ぶ愛
  • 多感なとき
  • 淡い想い
  • 忍耐

シュウメイギクは、半日陰の湿気の多い場所を好む傾向があります。

そのため花言葉には、少し位印象のものがつけられています。

シュウメイギクの花の由来

シュウメイギクは、秋に咲くキク(秋明菊)から由来されたそうです。

シュウメイギクの特徴

シュウメイギクは、株全体に白い毛で覆われているのが特徴的です。

古い時代に中国から渡来した多年草で、名前にキクがつくもののキク科の植物ではありません。

キクの花に似ており、京都にある貴船川周辺に多く生えていたため、「貴船菊」という別名もつけられています。

花びらに見えるところは「ガク片」で、一重咲き、半八重咲き、八重咲きと花を咲かせていきます。

また丸いつぼみの豊かな表情も、シュウメイギクの特徴といえるでしょう。

シュウメイギクのデータ

シュウメイギクのデータ
シュウメイギク
学名Anemone hupehensis
分類
(科/属名)
キンボウゲ科アネモネ属
原産地中国、ヒマラヤ地方、マレー半島、台湾、日本
別名秋明菊、キブネギク、ジャパニーズアネモネ、シュウボタン(秋牡丹)
開花時期8〜10月
花色赤、ピンク、白
花もち10日程度
誕生花
用途切り花、鉢植え、花壇
香り無香

シュウメイギクの栽培方法

シュウメイギクは、水はけと水もちがよい土を好みます。

鉢植えで育てるときは、日なたに置いて夏になったら風通しのよい半日陰の場所へ移しましょう。

庭植えするときは、土に腐葉土をすき込んでおくと、手間も掛からず育てやすくなります。

乾燥が苦手なので、土が乾いたらたっぷりと水やりをしてください。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる