イベリスの花言葉と由来

花言葉
  • 心変わり
  • 心をひきつける
  • 初恋の思い出

イベリスは春〜初夏にかけて、1cmほどの花をが集まり、中心が盛り上がるように開花する花です。

イベリスの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

イベリスの花言葉

イベリスの花言葉

イベリスの花言葉は次の通りです。

  • 心変わり
  • 心をひきつける
  • 初恋の思い出
  • 甘い誘惑
  • 無頓着

イベリスは、甘い香りがする花のことから「甘い誘惑」の花言葉があります。そのため別名で「キャンディタフト」と呼ばれることも。

また太陽に向かう性質があり、花茎が曲がりやすい特性があります。このことから中国名を日本語読みした「屈曲花」という別名があり、「心をひきつける」という花言葉もイベリスの特性から生まれました。

イベリスの花の由来

イベリスは、スペインの古名「イベリア」に由来されているそうです。

多くの種がスペインに分布していることがらつけられました。

イベリスの特徴

イベリスは、ピンクや紫紅色など色彩に富んだ「ウンベラータ」や多年草で常緑の「センペルビレンス」、香りがあり砂糖菓子のような白い4弁花を株いっぱいに咲かせる「アマラ」などがあります。

花には4枚の花びらがありますが、外側の2枚がとくに大きいのが特徴です。

イベリアの仲間は南ヨーロッパから北アフリカ、西アジアに27種があり、そのうちの数種類が花壇の花や切り花として親しまれています。

秋に種をまいて、春に花を咲かせる一年草と、多年草で茎の根元が木のように固くなる種もあります。

イベリスのデータ

イベリスのデータ
イベリス
学名Iberis
分類
(科/属名)
アブラナ科イベリス属
原産地西部アジア、北アメリカ、ヨーロッパ、地中海沿岸
別名キャンディタフト、トキワナズナ(常磐薺)、マガリバナ(屈曲花)
開花時期4〜6月
花色ピンク、紫、白色
花もち5〜7日程度
誕生花2月11日、2月29日、3月15日、3月22日
用途切り花、花壇、鉢植え、ロックガーデン
香り甘い香り

イベリスの栽培方法

イベリスを庭植えするときは、日当たりと水はけのよい場所を選びましょう。

鉢植えは雨を避けて日のよく当たる戸外に置いて、水を控えながら育てるのがポイントです。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる