素敵な暮らしをあなたに。

暮らしUP

法事回忌の早見表やお布施の相場を徹底解説

更新日:

法事について

いざ法事が始まると、種類や回数など具体的にどのようにやるのか不安になることがあります。

ここでは、法事の基本や回数など解説していきます。


法事とは

四十九日、三回忌など、法事にもいくつか種類があります。

それとは別に開眼法要、追善法要など「法要」とも言われる事があります。

一般には、「法事」と言われていますが、厳密には、住職さんにお経をあげてもらう行事を「法要」と呼び、法要の後で食事も含めた行事全般を「法事」と呼びます。

つまり、本来は法要の後の食事の席を指す「法事」が、故人の冥福を祈って行う法要である「追善法要」の現在の呼称として「法事」になったのです。



法事の回忌はいつまでやればいいのか?

法事には、初七日、四十九日(忌明け法要)といった故人の命日から数えて1年以内に行う法事があります。

仏教の教えでは、故人は死後七週間、あの世とこの世の間をさまよっているとされています。この七週間=四十九日間を「中陰(ちゅういん)」と呼び、閻魔大王たち十王から、生前の行いに対する裁き(審判)を受け、四十九日目で来世での行き先が決まる、と言われています。

以降法事は、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌と続きます。

三十三回忌で故人は菩薩の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となるのが仏教の教えです。

さらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌か五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとするのが仏教の作法です。

現在では三十三回忌をもって「弔い上げ」とするのが主流のようです。

ちなみに、三十三忌とは満32年目を指します。

「法事の回忌はいつまでやればいいのか?」という疑問についてですが、地域の慣習、しきたりや菩提寺の考えによりますが、基本的には法事の回忌を執り行うご家族様の考え方次第です。

三回忌で「弔い上げ」とされる場合もありますし、五十回忌まで執り行う場合もあります。

先述の通り、仏教では、三十三回忌で故人はご先祖さまたちの仲間入りをすると言われています。

しかし、最近では三十年以上経てば法事を執り行う世代、集まってくれる人たちが変わってしまうという考え方もあり、基本的にはご家族と菩提寺で相談されるのがよいでしょう。

法事のお布施の書き方

法事の後、謝礼としてお寺、お坊さんに「お布施」を渡します。

お布施は、仏教のしきたりのひとつで法事(供養)への感謝や、法事を執り行ってくれたお寺への援助などとして渡すお金のことです。

財を施すことから「財施」とも言われます。

渡す金額については、地域、お寺の習慣、法事の規模・内容により様々です。

あくまでも参考、目安ですが、

祥月命日法事:5,000円~1万円

四十九日:3万円~5万円

一周忌:3万円~5万円

三回忌以降:1万円~5万円

とされています。

お布施を包む表書きは普通の黒墨で書きます。

御霊前などの不祝儀袋は薄墨で書くのがマナーとされていますが、お布施は黒墨で構いません。

書き方は、一般に「御布施」「お布施」と書きます。または、何も書かずに空白でもよいケースもあります。

中袋の裏側の左側に住所・氏名、右側(または表面の中央)に金額を記入して下さい。

金額の頭に「金」と書き、金額は漢数字で、しかも旧字体で書く事が丁寧なマナーとされています。

例として「金:壱萬円」

といった書き方になります。

Copyright© 暮らしUP , 2019 All Rights Reserved.