素敵な暮らしをあなたに。

暮らしUP

ハローワークの職業相談でできることとは?

投稿日:

求職活動では具体的にどう行動したら良いのか?

また、自分に合った会社を見つけて、書類や面接でどんな対策をしたら良いのか迷いますよね。

そこで今回は、ハローワークの就職相談でできることをご紹介します。

ハローワークの職業相談は、求職に役立つ情報はもちろん、自分に合った応募書類の書き方や面接について具体的な相談ができるので、うまく活用できれば、求人活動をスムーズに行うことができますよ。

ハローワークで職業相談を受ける手順

ハローワークカードを発行する

はじめてハローワークを利用する際は、受付でハローワークカードを発行します。

カードを発行することで、仕事の相談や求人検索用のパソコンが利用できるようになります。

もうハローワークカードを作成しているという方は、受付の職員にカードを提示しましょう。


仮にカードを忘れてしまっていても、ハローワークに求職者登録がされていれば職業相談は可能なので一度その旨を職員に伝えましょう。

ハローワークカードを紛失した場合は、再発行してください。

求人検索用のパソコンで求人を探す

職業相談前に求人検索をしたい場合は、パソコンで確認しましょう。

職種や地域などを選択すれば、自分の希望に沿った求人が表示されます。

気になる求人があった場合は印刷をして、職業相談の時に相談してみてください。

相談をしなくても、求人票は自宅に持ち帰ることも可能です。求人情報を確認する必要がない方は、そのまま次へと進みます。

番号札を貰って自分の番が来るまで待機

職業相談は順番待ちです。番号札を持って、自分が呼ばれるまで待ちましょう。

呼ばれるまでの間、求人情報をチェックしておくと時間を効率に使うことができますよ。

番号が呼ばれたら、相談窓口で担当の職員に職業相談をする

初めて職業相談をするという方は、その旨を職員に伝えておくと良いでしょう。

気になる求人情報についてや、求職活動についての様々な悩み、疑問点などを無料で相談できるので、少しでも気になることがあれば、遠慮せずに質問をすることが大切です。



ハローワークの職業相談で相談できること

求職活動のやり方を教えてくれる

求職活動をはじめたばかりの時は、具体的にどう行動して良いか分からないものです。

ハローワークの職業相談では、自分に合った求職活動の指針を示してくれるので、これから先どう行動すれば良いのかを、具体的にイメージすることができます。

また、求職活動で不安に感じていることや、希望の職種の方向性が決まっている場合はその仕事に就くために必要な資格、利用しておいた方が良いサービスやセミナーなどについてもアドバイスをしてくれます。

適性検査・自己分析をしてくれる

求職活動をするには、適性検査や自己分析をすることでより自分に合った求職活動ができます。

ハローワークでは、適性検査や自己分析も無料でできるので、

「自分に合った会社が分からない」

「自分で自己分析をどのようにして良いのか知らない」

「前職を辞めてからブランクがあるので、改めて適性をチェックしたい」

という方にとてもおすすめのサービスです。

応募書類の作成サポートにも対応

ハローワークの職業相談では、求人の応募に必要な履歴書や職務経歴書についてもアドバイスをしてもらえます。

書類関係の作成で不安なことがある方は、一度書類を下書きして職員に読んでもらい、アドバイスをしてもらうと良いでしょう。

書類自体の作成方法についても職業相談でアドバイスをしてもらえますし、応募書類に関するセミナーも開催されているので、自信が付けたい方はそちらもぜひチェックしてみてください。

気になる企業への問い合わせをしてくれる

求人票をチェックしているうちに疑問点などが出てくることもあります。

職業相談で聞くと、その場で職員が企業に連絡をして問い合わせてくれることがあるので、ぜひ相談してみてください。

その他、気になる情報があれば職員が窓口となって問い合わせをしてくれるので、個人的に聞きづらいと感じる内容でも、まずは職員に相談してみるのがおすすめです。

面接対策のアドバイスをしてくれる

面接が苦手で不安な方でも安心。ハローワークの職業相談では面接対策もしてくれます。

面接時にふさわしい身だしなみや、面接官が応募者のどういった点をチェックしているのかを踏まえて、採用されるための具体的なアドバイスをしてくれるのでとても身になります。

面接で想定される質問内容やその返答なども、一度職業相談でアドバイスをしてもらうと良いでしょう。

セミナー案内を紹介してくれる

ハローワークでは、介護職や事務職など、職種に合わせたセミナー、短期間のパソコンセミナー、助成金制度について、雇用保険関係についてなど、定期的にセミナーを開催しています。

ハローワークの職業相談では、自分に合ったセミナーを紹介してくれますし、そのセミナーに対して気になることがあれば質問することも可能です。

自分に必要な情報を知ることで求職活動も優位になりますし、幅も広がります。気になるセミナーがあれば、職業相談で詳しく聞いてみるようにしましょう。

ハローワークで職業相談をするときのコツ

事前に質問内容を決めておこう

職業相談が終わってから「このこと質問しておけば良かった」ということがないよう、質問内容は事前に決めておくことが大切です。

ケータイのメモ書きや、手書きで箇条書きでも良いので、すぐに質問できるようにあらかじめ準備しておきましょう。

気になる求人票について質問する場合は、

  1. 試用期間の有無と給与額
  2. 休日(日数、育児休暇は取りやすいかなど)
  3. 残業時間はどのくらいか?休日出勤はあるか?
  4. 学歴が関係あるか?
  5. 資格があった方が有利か?必要な場合、資格の難易度はどの程度か?
  6. 未経験でも問題はないか?
  7. 面接時の交通費は支給されるか?
  8. 求人の募集期間の期限

以上の項目を聞いておくと職業相談もスムーズに進むので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合った相談者がいたら次回から指名しよう

「前回の相談者が良かったから、また同じ人に相談したい」こういった場合は指名することも可能です。

指名の場合は、受付でそのように申し出るようにしましょう。

場合によっては待ち時間が長くなることもあるので、時間を考慮してハローワークに行くのがおすすめです。

また、指名の相談者が定休日の場合も考えられるので、事前にハローワークに電話して担当者が出勤しているか確認をしたり、相談者本人に出勤日を確認しておくと良いでしょう。

相談内容は共有されているので担当者が異なっても安心

一度職業相談員に相談した内容は、担当者同士で共有されています。

もし違う担当者に当たっても、「また同じことを説明しなければ…。」と気を遣う必要はありません。

その時の自分が相談したいことを、担当者に伝えるようにしましょう。



ハローワークの一部では新卒や若者、ママさん向けの職業相談もある

全国にあるハローワークの一部では、新卒者や若者、ママさん向けの職業相談を設けているところもあります。

新卒向けの職業相談は、学校卒業予定者や既卒3年以内であれば対応してくれる場合が多いです。

ハローワークには、45歳未満であれば利用できる若者向けの職業相談もあります。

正社員での就職を目指している方や、正社員経験が短い人を対象に、求職の支援を行っています。

また、子育てをしながら求職活動がしたいという方向けの職業相談を受付けているハローワークもあります。

仕事と家庭の両立を考えている方は、有効に活用できるサービスです。

職業相談は子連れでも大丈夫なハローワークがほとんどなので安心です。

求人を出しているのが、育児に理解がある会社ばかりなので、求人活動のスタート時から安心感があります。

どの職業相談も個別担当制なのでより安心して職業相談が可能です。

自分に合った職業相談のシステムをぜひ利用してみてください。

まとめ

ハローワークの職業相談は、求人票に関することだけではなく、応募に必要な書類の相談や面接対策、受講しておくと良いセミナー情報まで相談に乗ってくれます。

サポート内容は多岐に渡り充実していているにも関わらず、無料で利用できるので経済的にも安心です。

より自分にあった会社で働きたいと考えている方は、ぜひハローワークの職業相談を利用してみてください。

Copyright© 暮らしUP , 2019 All Rights Reserved.