グロリオーサの花言葉と由来

花言葉
  • 高貴な心
  • 栄光
  • 勇敢
  • 頑強

グロリオーサは、熱帯アフリカから熱帯アジアにかけて、10種以上のものが分布している春植えの球根です。

葉っぱの先端にある巻きひげで、周りのものに捕まり蔓を伸ばしていく性質をもっています。

また球根には強い毒の成分が含まれているので、誤って口にしてしまわないよう注意が必要です。

珍しい花の形をしているので、目を引く美しい花です。

グロリオーサの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

グロリオーサの花言葉

グロリオーサの花言葉

グロリオーサの花言葉は次の通りです。

  • 高貴な心
  • 勇敢
  • 栄光
  • 頑強
  • 華麗
  • 華美

グロリオーサは、ラテン語で「見事な」といった意味から、花言葉の「栄光」などがつけられています。

グロリオーサの花の由来

グロリオーサは、ラテン語「見事な」に由来しています。

また、葉先が巻きひげになり、周囲に巻きついて伸びていくことから「クライミングリリー」とも呼ばれているそうです。

グロリオーサの特徴

グロリオーサは、燃えるような鮮やかな花色と、細い花弁の縁が波打つ姿が華やかで印象的なのが特徴です。

グロリオーサのデータ

グロリオーサのデータ
グロリオーサ
学名Gloriosa
分類
(科/属名)
ユリ科グロリオーサ属
原産地アフリカ、熱帯アジア
別名キツネユリ、ユリグルマ
開花時期6〜9月
花色赤、ピンク、オレンジ、黄色、複色
花もち1週間程度
誕生花8月10日、10月19日
用途切り花、鉢植え、庭植え
香り

グロリオーサの栽培方法

グロリオーサは、高温多湿と直射日光を好む花です。

日当たりと風通しのよい場所に植えるようにしましょう。

乾燥には注意して、土の表面が乾いてきたら水やりをします。

また寒さに弱いため、越冬は5℃以上で管理してください。

花をいける際は、茎を空切りします。とくに花びらが折れやすいので、扱いは丁寧にしましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる