リンドウ(竜胆)の花言葉と由来

花言葉
  • 正義
  • 誠実
  • 誠実な人柄

リンドウは、秋の山野草の代表的な花であり、薬草としても広く知られています。

春にはササの葉に似た細い葉っぱをつけて、夏が過ぎる頃に茎が横へ倒れる。

そして秋が過ぎた頃から小さな蕾をのぞかせ、日を追うごとに伸びていき花を咲かせるのです。

リンドウの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

リンドウの花言葉

リンドウの花言葉

リンドウの花言葉は次の通りです。

  • 正義
  • 誠実
  • 貞節
  • 正義感
  • 誠実な人柄
  • さびしい愛情
  • 悲しんでいるあなたを愛する

リンドウは、古くから薬草として知られており、根っこが「龍の胆のように苦い」ことからつけられた竜胆(りゅうたん)がリンドウに変化したといわれています。

群生せず、静かに紫色の花をさかせることから「悲しんでいるあなたを愛する」という花言葉が生まれたとされています。

リンドウの花の由来

リンドウは、中国名の「竜胆」の和音読みが由来とされています。

リンドウの特徴

リンドウは、日本を代表する秋の草花です。リンドウは約400種あり世界各地に自生しています。

花は筒形で先端はとがったは裂片が5つあるのが特徴です。

「アサマリンドウ」「エゾリンドウ」「オヤマリンドウ」など品種も多くあります。

リンドウのデータ

リンドウのデータ
リンドウ
学名Gentiana scabra
分類
(科/属名)
リンドウ科リンドウ属
原産地日本、中国、朝鮮半島、シベリア、世界の温帯地域
別名龍胆、ゲンティアナ、ササリンドウ(笹竜胆)、エヤミグサ(疫病草)
開花時期9〜11月
花色青、紫、ピンク、白色
花もち5〜10日程度
誕生花9月16日、10月1日、10月20日
用途切り花、鉢植え、花壇
香り

リンドウの栽培方法

リンドウは、日光不足だと花が咲きにくいため、できるだけ風通しと日当たりのよい場所へ置くようにしましょう。

夏は西日が当たらない半日陰に移します。

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる