ススキの花言葉と由来

花言葉
  • 活力
  • 勢力
  • 隠退

ススキは、秋の七草のひとつと知られており、夏の終わり頃、白い花穂をつけます。

ススキの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

ススキの花言葉

ススキの花言葉

ススキの花言葉は次の通りです。

  • 活力
  • 勢力
  • 隠退

ススキは、とても生命力が強く、強靱な植物です。

花言葉である「活力」や「勢力」は、ススキの生命力にちなんだものだといわれています。

ススキの花の由来

ススキは、ふわふわとした羽毛状に変化する姿が、動物の尻尾に見えることから「尾花(オバナ)」という別名を持っています。

ススキの特徴

ススキの葉は細長く、夏の終わりに花を咲かせます。

観賞用としては、班入り葉品種が出ています。

一般のススキと比べると、葉が堅くて細く、全体的にほっそりとしています。

ススキのデータ

ススキのデータ
ススキ
学名Miscanthus sinensis Anderss.
分類
(科/属名)
イネ科ススキ属
原産地日本、朝鮮、中国、東アジア
別名オバナ、カヤ
開花時期8〜11月
花色茶色、白色
花もち1〜2週間程度
誕生花
用途切り花、鉢植え
香り無香

ススキの栽培方法

ススキは、日当たりがよく、水はけのよい土を好みます。

繁殖力がとても強く鉢植えにも最適です。

春になったら、地上部を刈り取るようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる