デンドロビウムの花言葉と由来

花言葉
  • わがままな美人
  • 謹厳実直(きんげんじっちょく)

デンドロビウムは、インドや東南アジア、太平洋諸島などの山岳地帯に自生している花です。

日本でも品種改良が盛んに行われているため、花色も多く、育てやすいのが特徴。

冬頃から咲き始める花ですが、熱帯地方が原産のため、見た目はトロピカルな色が出ています。

デンドロビウムは、洋蘭の一種であり鉢植えして部屋に飾ると、南国の雰囲気を味わうことも。

デンドロビウムの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

デンドロビウムの花言葉

デンドロビウムの花言葉

チューベローズの花言葉は次の通りです。

  • わがままな美人
  • 謹厳実直(きんげんじっちょく)

デンドロビウムは、ギリシャ語の「樹木」と「生活する」が合体してできた言葉です。

好意をもった異性に贈るときは、花言葉を添えずに渡すのがいいでしょう。

デンドロビウムの花の由来

デンドロビウムの由来は、樹上に着生することから、ギリシャ語で「樹木と生活」からきているそうです。

デンドロビウムの特徴

デンドロビウムは、一般的にノビル種を中心に改良した品種となります。

多肉質の茎の各節に冬から春にかけて花をつけるのが特徴です。

人気の高い品種は、日本原産のセッコクを親にして誕生した「ミニデンドロ」。

小輪で花つきがいいので人気が高いのもうなずけます。

デンドロビウムのデータ

デンドロビウムのデータ
デンドロビウム
学名Dendrobium
分類
(科/属名)
ラン科デンドロビウム属
原産地熱帯アジア、オーストラリア、ニュージーランド
別名デンドロ
開花時期デンファレ系:周年、ノビル系:12〜4月
花色赤・ピンク、黄色・オレンジ、青・紫、白、緑、茶色、複色など
花もち2〜4週間程度
誕生花
用途切り花、鉢植え
香り

デンドロビウムの栽培方法

デンドロビウムは、日当たりの良い場所を好みます。

土の表面が乾いてきたら水やりをするようにしてください。

デンファレ系は、高温を好む品種となるため、蕾が開くまでの間できるだけ暖かい場所に置くようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる