ケイトウの花言葉と由来

花言葉
  • おしゃれ
  • 博愛
  • 狂愛

ケイトウは、炎のような花穂(かすい)が色鮮やかで個性的な花です。

5枚の花弁がある小さな花が、花茎(かけい)の上に集まってつきます。

最近では、羽毛ケイトウの矮性品種のものや、ヤリゲイトウ系なども人気です。

ケイトウの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

ケイトウの花言葉

ケイトウの花言葉

ケイトウの花言葉は次の通りです。

  • おしゃれ
  • 博愛
  • 個性
  • 奇妙
  • 風変わり
  • 気どり屋
  • 色あせぬ恋
  • 色あせぬ愛

ケイトウは、その個性的な姿と、インド原産といったエキゾチックな色から、「風変わり」や「おしゃれ」などといった花言葉が生まれました。

ケイトウの花の由来

ケイトウは、花の色や花の形から、ギリシャ語の「燃焼」が由来とされています。

花の名前は、赤いベルベッドのようなフリル部分が、ニワトリのトサカに似ていることからつけられました。

英名の「Cockscomb」も、意味は雄ニワトリのトサカです。

ケイトウの特徴

花に見える部分は茎が変化したもので、ケイトウの花は小さくて実は目立たないのです。

昔の頃から親しまれている「トサカケイトウ」よりも、現在は半球状に花をつける「クルメケイトウ」が主流になっています。

ケイトウのデータ

ケイトウのデータ
ケイトウ
学名Celosia argentea
分類
(科/属名)
ヒユ科ケイトウ属
原産地熱帯アジア、アメリカ、インド、アフリカ大陸
別名セロシア、サキワケゲイトウ、チャボゲイトウ、トサカゲイトウ、カラアイ
開花時期8〜12月
花色赤、オレンジ、ピンク、白
花もち5〜7日程度
誕生花8月24日、9月5日、9月8日、9月28日、9月30日
用途切り花、鉢植え、花壇
香り無香

ケイトウの栽培方法

ケイトウは、単独で植えても、寄せ植えにしてもよく育ってくれる花です。

いまでは夏から秋にかけて欠かせない花となっています。

ケイトウは、日当たりのよい場所に元肥をたっぷり施して育てましょう。

種まきの時期は5〜6月中旬頃を目安に、気温が安定してから行います。まきおわったあとは、種が隠れるくらいに薄く土を覆います。

ケイトウは移植が苦手なので、ポットの底に根が見えてきたら早めに植えるようにしてください。

株間は品種によって異なりますが、一般的なケイトウの品種であれば30cmを目安にするといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる