素敵な暮らしをあなたに。

暮らしUP

ボウリングボールの選び方や投げ方を解説

更新日:

ボウリングの投げ方やコツについて解説

ボウリングは年齢問わず楽しむことができるゲームです。

我流でボウリングを覚えて楽しむこともできますが、スコアを上げるなら自分にあった投球フォームや投げ方を知る必要がでてきます。

ここではスコアをアップさせるための、ボウリングの投げ方やコツについて紹介していきます。


ボウリングの投げ方

最近ボウリングが再びブームになっています。

大手レジャー施設の他、昔流行したボウリング場も盛況です。

ブームが再燃しているボウリング。投げ方次第で自在にボールの軌道をコントロールし、難しいスプリットのピンを倒したり、スコアを伸ばしたりする事ができます。

そんなボウリングの投げ方の基本をご紹介しましょう。

ボウリングの投げ方によってボールは左右への曲がり方を投げ分けられます。

ボールが直進する投げ方はもちろんストレート。ピン手前で左へ曲がるフック。

投げた直後から曲がるカーブ。右へ曲げるバックアップボールがあります。

ただし、バックアップボールは手首への負担が大きく怪我の元になりかねないので、初心者には推奨できません。

ストレートボールの投げ方は最も基本となり、親指をボールの進行方向に真っ直ぐ向けて腕の振りも意識しながら素直なスイングを心がけてください。

カーブボールの場合は、親指をボールの穴にあえて入れない「サムレス投法」がおススメです。

中指、薬指の第一関節までそっと穴に入れ、肘を曲げたまま手のひらからボールを転がすように投げます。

ボールが手を離れた直後から左方向へ大きく弧を描くようになるまで練習しましょう。

フックボールの投げ方は、親指をボールの穴に入れますが、力を入れ過ぎず中指、薬指でボールを押し出すイメージです。

手から離れたボールはピン手前で左へ急激に曲がります。

フック、カーブは投げ方以外に、レーンのオイル状態によってボールの軌道が変化しますから注意が必要です。



ボウリングが上達するコツ

ボウリングが上達するには、やはりコツが必要です。

正しいフォームを身に付けないとスコアが伸びないばかりか手首や肩の故障につながります。

正しい投げ方のフォーム

ボウリングを上達させるには、正しいフォームを身につけることが大切です。

正しいフォームを最後まで安定させて投げきることで、高いスコアが出しやすくなります。

まずはプロボウラーのフォームを動画などで理解して、しっかりと頭に焼き付けましょう。

そしてフォームを1コマ1コマ輪切りするように、ゆっくりと自分の投球フォームをチェックします。

急がずまずはじっくりとフォームを体に覚えさせてマスターすることが大切です。

ボウリングが上達するコツの第一は、立ち方です。

真っ直ぐに立って利き手でボールを持ち、利き手でない方の手で軽くボールを支えます。

右手で投げるときは、左足から1歩目を出し、手と足をあわせて5歩でリリースする投げ方がベストです。

正しいボールの投げ方

ボールを投げるにもコツがあります。

「ドン」と音を出してボールをレーンに落としていませんか。

音を立ててボールが落ちると回転もスピードも衝撃で失われてしまいます。

ボールを押し出すように投げるのがコツです。

このとき必要以上に力を入れすぎず腕を伸ばすことがポイントです。

前に出したボールは、重さで自然と落下するので力みすぎないようにしましょう。

フォーム以外では、練習方法にもコツがあります。

ボウリングが上達したいなら、毎回同じボウリング場、同じレーンで練習しましょう。

先述の通り、レーンのオイル状態によってもボールの軌道は変化します。

同じレーン状態で練習する事で自分のフォームを固定しましょう。

レーンが変わったら、ボールの重さを変えるなどして対応すれば身体への負担が軽減できます。

ボウリングのスコア計算方法

最近のボウリングはスコアも自動計算されますから、ボウリングをしてもスコアの計算方法が分からない方もいるのではないでしょうか。

基本的なルールを覚える意味でボウリングのスコア計算方法をご説明します。

ボウリングは10フレームで1ゲーム。1〜9フレームは2回投げます(2投)。

10フレームのみ条件が整えば3回投げられるルールです。

1投目で10本のピンを全て倒せば、ストライクとなります。(10点)

1投目で残したピンを2投目で全て倒せば、スペアとなります。(10点)

2投目でもピンが残った場合は、ミスとなります。

ミスの場合は1投目で倒した本数だけが得点となります。

ストライクの得点は、次のフレームの2投目までに倒したピンが得点となります。

10点 + N + Nとなるので、ストライクが連続すると高得点につながるルールです。

スペアの得点は、次のフレームの1投目で倒したピンが得点となります。

1投目で7本、2投目で3本なら7+3+N(Nは次のフレームの1投目の得点)となります。

10フレームは2投目でスペアまたは1投目でストライクの条件の時にのみ、3投目が可能です。

ボウリングはこうした10フレームの得点を合計した得点数で競います。

得点に絡むルールとして、ファールラインを超えてなげてはいけない、というルールがあります。

この場合、例え10本倒しても0点となり、リセット(ピンの立て直し)をしてから2投目に入ります。

Copyright© 暮らしUP , 2019 All Rights Reserved.