ブバリアの花言葉と由来

花言葉
  • 交流
  • 親交
  • 情熱

ブバリアは、十文字のような花を咲かせます。

一つ一つの花は小さく、10〜30輪程度が集まって咲くのが特徴的です。

切り花として花束やフラワーアレンジメントなどによく利用されます。

ブバリアの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

ブバリアの花言葉

ブバリアの花言葉

ブバリアの花言葉は次の通りです。

  • 交流
  • 親交
  • 情熱
  • 不屈の精神
  • 知的な魅力
  • 幸福な愛
  • 愛の誠実

ブバリアは、花の色が赤やピンクなどがありますが、一般的には白色がオーソドックスの色として普及しています。

ブバリアの花姿が十字架を連想させるため、ウエディングブーケの花材として人気です。

花言葉も十字架にちなんで幸せや愛に関するものがついています。

ブバリアの花の由来

ブバリアは、パリ王立庭園長「ブーバル」の名にちなんで由来されています。

また丸く膨らんだ蕾の先端が4枚に裂けて十字形に咲き、その姿がチョウジの花に似ていることから「カンチョウジ」とも呼ばれています。

ブバリアの特徴

ブバリアは、膨らんだ蕾の先端が4つに裂けて咲く花姿が特徴的です。

ブバルディア属は約30種ほどあり、いくつかの原種をもとに多くの品種が作られました。

ブバリアのデータ

ブバリアのデータ
ブバリア
学名Bouvardia
分類
(科/属名)
アカネ科ブバルディア属
原産地メキシコ、熱帯アメリカ
別名ブバルディア、カンチョウジ(干丁字)
開花時期9〜11月
花色赤、紫、ピンク、白色
花もち5〜7日程度
誕生花10月10日、12月26日
用途切り花、鉢植え
香り甘い香り

ブバリアの栽培方法

ブバリアは、日当たりを好む花なので春から秋の間は、日が当たる場所に置きましょう。

夏の間だけ半日陰の場所へ移してください。

冬を越す場合は、室内へ移し日の当たる窓辺に置きましょう。

室温は5℃以上をキープするようにしてください。

ブバリアは水切れに弱いので、水を忘れずに与え、花が終わったら切り戻します。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる