アリウム(アリウム・ギガンテウム)の花言葉と由来

花言葉
  • 無限の悲しみ
  • 正しい主張
  • 夫婦円満

アリウムの仲間は、茎咲きに小さい花をたくさん咲かせて球状か半球状になる花です。

アリウムの花言葉や由来、開花時期など解説していきます。

この記事の目次

アリウムの花言葉

アリウムの花言葉

アリウムの花言葉は次の通りです。

  • 無限の悲しみ
  • 正しい主張
  • 夫婦円満
  • 円満な人柄
  • 不屈の心

アリウムは、ふっくらと丸い花姿が「円満な人柄」という花言葉がつけられています。

また、まっすぐに伸びた茎が花言葉の「正しい主張」や「不屈の心」の由来となっているそうです。

アリウムの花の由来

アリウムの茎を切ると、独特の匂いを放つことからラテン語で「ニンニク」から由来されているそうです。

アリウムの特徴

アリウムは、ニラやタマネギなどといったネギの仲間で、花を観賞する品種を「アリウム」と呼んでいます。

太い茎をまっすぐ1m以上伸ばし咲きに紫紅色の小さな花が球形につくのが特徴です。

また小形種で黄色い花を咲かせる「モーリー」や、パラソル状に白い花を咲かせる「ネアポリタナム」など、多くの種類が出回っています。

アリウムのデータ

アリウムのデータ
アリウム
学名Allium
分類
(科/属名)
ユリ科アリウム属
ヒガンバナ科ネギ属
原産地ユーラシア、アフリカ北部、北アメリカ、中央アジア
別名ハナネギ(花葱)、ギガンジウム、ギガンチウム
開花時期5〜7月
花色紫、ピンク
花もち10日程度
誕生花5月16日、7月14日、7月23日
用途切り花、花壇、鉢植え
香りほのかにネギの香り

アリウムの栽培方法

アリウムは、丈夫な花で日当たりのよい場所であれば植えっぱなしでも、2〜3年は綺麗な花を咲かせてくれます。

鉢植えするときも、なるべく日当たりのよい場所に置き、土が乾いていたらたっぷりと水をやるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
この記事の目次
閉じる